投稿者「mokuzo」のアーカイブ

当社若いスタッフに、木材の基本のキホンを教えました

先週末の金曜日(6/11)、東風の若い男性スタッフ3名を、吉野にある当社の木材ストックヤードへ連れて行き、木材に関する基本的なことを教える研修を実施しました。

3名は昨年と今年入社したスタッフです。

木に関する知識や技術は、実物を何度も何度も(というか何百回、何千回も)繰り返して経験していかないと習得できないので、たったの数時間ではあくまで基本中の基本をざっと教えることぐらいしかできませんが、それでもちょうどいい機会があったので3人を連れて一緒に作業しながらいろんなことを教えました。

ちょうどいい機会というのは、昨年秋に伐採した原木を柱用材として製材し終えた木材(もちろん未乾燥材)を200本、製材所から当社工場へ搬入したところだったのです。

覚えるべきことはそれこそ山ほどあるのですが、体で覚えなければならないとても大切なことに、木の重さの違いを覚えることがあります。

木は同じ体積であっても1本ずつ重さが違います。重さが違う理由には大きく分けると2つあります。
 その1 樹種によって木の比重が違うこと(比重0.3~0.9など)
 その2 乾燥の度合いによって重さが違うこと(含水率18~85%など)

今回搬入したのは国産杉の柱材(もちろん無垢材)なのですが、杉は個体差が大きい特徴があり、同じ山で同じ時期に伐った木でも、木によって重さがバラバラです。

十分に乾燥していない木を使うと、後々いろんな問題が発生してしまうので、必ず木は乾燥させてから使うのですが、乾燥度合いはどうやって判別するのか?というと、最終的には重さを見るのです。
どれだけ重い(軽い)のかによって、乾燥している木かどうかを判別します。

太さや長さによっても乾燥期間は変わりますが、東風では杉の柱・梁は約2年かけて自然乾燥させています。
ヒノキはだいたい1年ですね。
風通しが良いところで、上の写真のように間に桟木を挟んで適度な空隙を保ちながら、2年間放置します。

その桟木はどんな太さにすべきか、どの位置に桟木を挟むべきなのか、といったことから、木を積む時の向きや、木の持ち方、取り扱い方(動かし方)などを、実際に木を持って動かしながら教えます。

次にもうちょっと難しい技術、木の背と腹を見分ける訓練をしました。

一本の木を何度もひっくり返しながら、柱側面の木目を見比べて、木の背と腹がどちらにあるのかを見極めるトレーニングをしてもらいました。

本当はこのトレーニングをする前に、山で立ち木を見せて、製材所で原木を製材するところを見せるべきなのですが、今回はあらかじめ製材を見せてあげられなかったので、スケッチを描いて説明した後で、木の背と腹を見分けてもらうトレーニングに取り組んでもらいました。

さすがに1日で完璧にできるようにはなりませんが、木に関する知識が深まるにつれて、今後いろんな木を見るたびに観えてくる情報がどんどん増えて世界が広がっていきます。

まだまだ教えてあげることは山ほどあるのですが、少しずつ少しずつ、です。
山へ登って立ち木を見たり、製材所に行ったりして、また木を触り、古材をみたりしていくうちに、だんだん知識が深まっていくのですが、何分時間がかかるのでゆっくり頑張ってほしいです。

(株)木造建築東風の website

世界に、300年先も美しい風景を

24歳の棟梁~小さな小屋の墨付けと刻み

東風で一番若い大工/24歳のU君に、今、小さな小屋の棟梁を務めてもらっています。

建築金物や冬用タイヤ・農機具などをしまっておくための3坪くらいの小さな小屋を、東風事務所の裏庭に建てる予定です。
昨日工場へ行ってどんな様子か見てきたのですが、一生懸命墨付けと刻みの作業を進めていました。

小さい小屋とはいっても、平面的に真四角の建物ではなくて、桁が途中で折れ曲がる変形5角形の平面になっていて、桁の継手やレベル・柱と桁の仕口がちょっとややこしいことになります。

↑ どうやら車知栓を使うほぞにするようです。

↑ 桁の金輪継ぎ

屋根は杉皮で葺き、外壁は杉板を張る予定です。
予定では今月末に完成するはずなんですが、さて無事に納まるでしょうか。
見守ってみたいと思います。

(株)木造建築東風のサイトはこちら
世界に、300年先も美しい未来の風景を

幼いこどもから「きれい~」と言ってもらえる家

東風で一番最初の石場建ての家をつくらせて頂いたお客様が、春のお菓子を贈って下さいました。
食べるとほのかに桜の香りが広がる上品な京都のお菓子。
繊細ですごく美味しかったです。

そして、お菓子に添えられていたメッセージがとても嬉しかった。

今年小学校に入学する娘さんがいらっしゃるのですが、家に遊びに来られた娘さんのお友達から
「おうちがきれい~」
と言ってもらえたのだそうです。
幼い子供の素直な感性でそう言ってもらえたことは、この上なく嬉しく感じました。

300年後の子供たちも、誇りに感じ、大切にしてくれる。
私たちはそんな建物をつくっています。

木造建築 東風の企業理念
世界に、300年先も美しい風景を。

新築 石場建て伝統構法の土壁づくり/動画を公開しました

約3年前に撮影した映像をようやく編集・公開しました。

石場建て伝統構法住宅の新築工事中に撮影した映像で、左官の荒壁塗りつけに関する一連の流れがわかるように編集したものです。
ご興味がある方に広く見て頂けると嬉しく思います。

左官工事を手掛けてくれたのは、約30年の付き合いの山本左官興業(京都市)のみなさまです。

I edited the video of the work of applying rough wall soil on the base of bamboo komai at the new construction site of a traditional Japanese house.
It was the plasterers of Kyoto City who were in charge of the plastering work.


(株)木造建築東風(こち)のサイトはこちら
世界に、300年先も美しい風景を

2020.01.13 朝 御所市名柄にて

今朝事務所へ出勤する途中、山がうっすら雪化粧している様子が見えたので写真を撮りに行きました。
個人的にはもうちょっとしっかり積もってくれる方がテンションが上がるのですが、こんなほんの少しの雪でも、やはり雪景色は嬉しいものです。

金剛山と葛城山
吉野方面の山なみ

天気が良くて空気が澄んでいたせいか、吉野方面の山なみもきれいに感じられました。

春に向けて

近くの葛上中学校の桜。
枝先のつぼみがたくさん見えて、春に向けて準備しているんだなと感じました。

門の控え柱 足元を修理/数寄屋、手刻み、和風モダン、古民家リノベーション

あっという間に1か月前の話になってしまいましたが、西宮市内で門の修理工事を行いました。

草庵風の門の控え柱が腐ってしまったので、それを修復する工事です。

hikaebashira02

 

こんな感じで風情のある仕上げが施されているのですが、腐りに最も強いと言われている栗の赤身の柱(六角名栗仕上)であっても、悪条件が揃ってしまうとやられてしまう・・・という状態でした。

 

hikaebashira01

 

 

 

 

 

 

 

 

竣工当初は地中に300mm強の深さまで、掘立(ほったて)の状態で埋め込まれていたのですが、今となっては跡形もありません。

これをどうやって直そうか・・・と、今回は方針を決めるまでにだいぶ迷いました。

控え柱を取り替えて新しい控え柱を着色してしまうのが、ある意味一番簡単な方法なのですが、それでは本質的な解決にならず、また同じことの繰り返しになってしまいます。

時間が経って味わいが出てきた部材を殺さずに、見栄えも損なわず、そして耐久性と強度を上げる方法はないものか・・・と

hikaebashira05

 

hikaebashira04

 

hikaebashira03

石場建て伝統構法、和風モダンの木の家、木造専門の建築家/東風

設計・監督スタッフを募集中/奈良県御所市、石場建て伝統構法、和風住宅

現在の(株)木造建築 東風スタッフです。私たちと一緒に働きませんか?

東風では現在、設計・現場監督業務を担当して下さる方 1名 を募集しています。
学歴よりも、個人の特性・適正・職能を重視します。
現在の保有資格は問いません。
年齢は35歳までとします。
現在男性スタッフが手薄のため、男性を優先します。

【こんな方に来て頂きたい!】
1.木と木造建築が好きな人
 (当社では木造以外の建物は扱いません)
2.当社の理念に違和感を感じない人
  → 当社の理念はこちら
3.建築の基本的な製図方法を習得している人
 (建築業従事経験者、または大学・専門学校の建築学科卒)
4.普通免許を取得している人
5.奈良県御所市の当社事務所に通える人

業務内容】
木造注文住宅の設計・施工業務全般
お客様(建築主)との打合せなども含みます

【待遇】
勤務地【事務所】奈良県御所市名柄
【現場】 奈良県・兵庫県・大阪府・和歌山県・京都府他
日曜日祝日、隔週土曜日休み ※打合わせ等で出勤した場合は代休取得可
勤務時間【事務所】8:30~17:30
社会保険と厚生年金あり
給与は面談の上決定。3ケ月間の試用期間あり
賞与年2回(各1ケ月分)
交通費全額支給

ご応募いただいた方は、書類選考の後で面接を行います。
面接は当社にご来社の上、面談にて行うのが望ましいですが
現居住地が遠方などやむを得ぬ事情がある場合、オンラインで行うことも可能です。

【応募方法】
ご応募の方は、まず一度当社へご連絡ください。
→ tel 0745-66-2645 またはinfo●mokuzo-architect.jp
  ●→@に書き換えてメールを送って下さい
問い合わせフォームからでも可
履歴書(写真添付・メールアドレス記入)、職務経歴書・志望動機を下記住所まで送付ください。
〒639-2322 奈良県御所市東名柄22-1
株式会社 木造建築 東風 採用担当宛て

石場建て伝統構法、和風モダンの木の家、木造専門の建築家/東風

樹齢140年の吉野杉 製材しました/奈良県石場建て伝統構法、天然乾燥、和風住宅

今年の2月に奈良県吉野町で伐採見学会を行いましたが、その山で伐った木が下りてきて、4/22(月)に製材を行いました。
製材をお願いしたのは、ここ数年いつも製材をお願いしている奈良県桜井市の森口製材所さんです。

原木はこんな大きさです。↓
長さは6m~7.5mでした。

2019seizai_01

 

太さが実感できるように、靴を一緒に置いて写真を撮ってみました。
樹齢は140年、奈良県吉野町川上村産の杉(いわゆる吉野杉)です。
今回は1番玉が2本、2番玉が2本、合計4本を製材しました。

製材してみる前から当然わかってはいましたが、目が詰んで通直で、と~っても美しい木でした ♪
↓  ↓  ↓

2019seizai_02

 

2019seizai_03

↑ これは1番玉。 長さ7.5mです

2019seizai_04

こんな感じの目の詰み具合です。

2019seizai_04_01

どれだけ美しい木でも、やはり芯の方へ近づけば、節(=枝の跡)が出てきます。
この木はきちんと枝打ちが施されていたようです。

これはもう一本の一番玉の木です
↓   ↓   ↓

2019seizai_05

 

 

2019seizai_07

 

 

2019seizai_06

今回の原木は、すべて板に挽きました。
用途はすでに決まっているのですが、どんな風に使われるのか?は、また夏ごろにこのブログでお知らせしますね。
どうぞお楽しみに。

石場建て伝統構法、和風モダンの木の家、木造専門の建築家/東風

吉野川上村にて木材伐採ツアーを開催/石場建て伝統構法、天然乾燥、和風住宅

 
bassaitour_2019_01
 
 
昨年(2018年)末に開催すべく企画していたところ、都合により中止になってしまいましたが、参加したかったと多数のありがたいお声があり、再度企画しました。
場所は吉野郡川上村です。
ご興味のある方はぜひご連絡ください。

以下ツアーのご案内です。

林業家 福本正文さん(吉野チェーンソーアートスクールの校長先生)は林業家歴30年の超ベテランの方です。
伐採のことはもちろんですが、土のこと、水のこと、風のこと、光のこと、そしてそこに住む動物のことなどを熟知し、山を守り育てています。
それは200年~300年前に植えられた木を今伐採し、300年後に刈り時となる苗木を植えるという通算6世紀分の時間の中で仕事をすることです。
スピードを求められる現代においてとても特殊かもしれませんが、いま私たちに必要なことは未来の環境を想像するのも大切なことかもしれませんね。
今回は吉野の山がブランドになるように先人たちがどのように育ててきたかを聞き、今後の課題などをトークセッションしてみたいと思います。

【開催日】2月23日(土)

【集合場所】
電車の人は12:00に近鉄吉野駅改札前に集合
→ ピックアップして下記 道の駅に行きます
車の人は12:30に道の駅 杉の湯川上 集合
(〒639-3553 奈良県吉野郡川上村迫695)

【参加人数】20名程度

【参加費】¥500

【当日スケジュール】
道の駅から車移動20分
→ 伐採場所まで登山30分
→ 伐採見学1時間
→ 下山30分
→ 道の駅まで移動20分
→ お茶を飲みながら意見交換1時間程度
合計3~4時間程度

主催 (株)木造建築東風
奈良県御所市東名柄22-1
TEL:0745-66-2645
FAX:0745-66-2646

※伐採見学会は終了しました。
 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

石場建て伝統構法、和風モダンの木の家、木造専門の建築家/東風
石場建て伝統構法、和風モダンの木の家、木造専門の建築家/東風