なぜステンレスか?

ステンレスへのこだわり


 


 


 


 


 


 



上の写真、何だと思いますか?

そう、キッチンの排水用フレキシブルダクト(配水管)です。
でもね、よ~く見て下さい。
(画像をクリックすると拡大できますからわかると思います)
この配水管はなんとステンレス製なんです。

ほとんど全てのお宅のシステムキッチンは、これが塩ビ製の配管だと思います。



もう1週間も前になってしまいましたが(スミマセン・・・)、大阪の谷町にあるキッチンのショールーム・le pur (ルプ)さんへ行ってきました。

京都市内で設計中のNさんのお宅のキッチンの打合せです。

Nさんはステンレス製の気兼ねなく使える実用的なキッチンがいいとのことで、ステンレス製のキッチンを販売されているいくつかのメーカーをご紹介したところ、le pur がいいとおっしゃったので一緒に行ってきたわけです。



le pur の平尾社長とは、昨年末に東京で行われたNPO法人・新月の木国際協会の年次研究発表会で初めてお会いしました。
明るい大阪のおばちゃん(←失礼)という感じの快活な女性、というのが僕の第一印象。

le pur さんではオールステンレスのキッチンを一つ一つ自社で設計し、製作・販売を行っています。
ホームページにも書かれていますが、製作時にエネルギーコストはかかるけれども、耐久性の高い何世代にもわたって使い続けられるものを提供したい、ということからステンレス製にこだわっておられるそうです。



でもどうも僕は腑に落ちないことがありました。

どうしてステンレスのキッチンをつくっている人が新月の木?
というところです。

で、今回ショールームに行った時に平尾社長に尋ねてみました。
「どうしてこの商売を始められたのですか?」と。



le pur さんは2000年にご商売を始められたそうですが、もともとは化学物質過敏症で苦しんでおられるお客様のために、「接着剤・揮発性有害化学物質を一切使わないキッチンを妥当な価格で提供したい」ということが起業の際のコンセプトだったそうです。

一般のシステムキッチンメーカーではオールステンレス製のキッチンであってもステンレスとステンレスの接合部には接着剤を使っていることが多いそうです。
( ↑ これは僕も今回はじめて知りました)。

しかしle pur さんでは、過敏症のお客様のに対しては接合部に全く接着剤を使わない、全て溶接によるステンレスキッチンを提供しているそうです。
(ただこれは組上げる職人の手間がかかって価格が上がってしまうので、過敏症でない方に対しては極めて安全性の高い接着剤を使っているとのこと)

そしてお客様が将来キッチンをどうしても処分しなくてはならないような事態になってしまった際には、リユースしていただけるように自社製品の中古バンクシステムも立ち上げ、それでも引き取り手が見つからずにスクラップにする場合には、そのまま全~部炉に放り込んで再生できるように、ということを考えて上述の排水ダクトまでステンレスにされているそうです。

ダクトや排水トラップの部材を全てステンレスにしているのには、排水口のヌメリがつきにくくするためという意味もあるそうです。



他にもいろんなこだわりが各所にあるのですが、全部種明ししてしまうとおもしろくないので、もっと詳しく知りたい方はle pur さんのショールームへ行ってみてください。



今回一緒に行ったNさんも感じられたようですが、やっぱり作り手の想い・こだわりが深い製品はいいものです。

僕は、物づくりおいてはコンセプトが何であるか?というのが一番大切だと思っているのですが、今回は平尾社長の口からその想いを直接伺うことができてとてもよかったです。

なんだか今回の記事は le pur さんの営業みたいになってしまいましたね(笑)。




オマケ

今回僕がいいなぁ~と思った商品はこちら(↓)

datchoven


 


 


 



リンナイの商品ですが、魚焼きグリル部分に鋳物のダッチオーブンが入れられるようになっていて、このダッチオーブンでいろ~んな料理ができるというスグレモノ。
これならピザ以外はすべてこのオーブンでできるので、ガスオーブンは要らないかも。
パン・ケーキ・グラタン・カレーなどはこれで充分できそうです。

2 thoughts on “なぜステンレスか?

  1. 小山英雄

    初めまして、私はクリナップ株式会社コミュニケーション室の小山英雄と申します。化学物質過敏症のための専用オールステンレスシステムキッチンは弊社でも販売してます。商品名はCSキッチンです。もちろん排水トラップもステンレスで接着剤はいっさい使用してません。また、樹脂部も極力使用してません。ちなみに、現在千葉県柏市の千葉大学医学部ケミレスハウス実験棟に設置してデーター取りをしております。化学物質過敏症の方は年々増加傾向にあります。実際に弊社のショールームに患者さんがお見えになることが増えています。先週もシステムバスを確認こられた旦那様が患者の奥さんを連れて実際に肌に触れられて確認され、反応しなかったのでお買い上げ頂きました。旦那様は詳しくお調べで弊社の防水パンが人口大理石だと分かり、通常のFRP樹脂でないのでヒョトしたら反応しないのではと思われ確認にこられたそうです。人によって反応する物質が異なりますので全ての人に当てはまるとは限りませんが、その奥様は樹脂に触ると痒くなり赤く発疹ができる症状だそうで反応しなかったので喜んで帰られたそうです。うれしいですね!弊社の新宿ショールームに特設コーナーに展示しておりますので、ぜひご覧ください。

    返信
  2. さとう

    小山様
    はじめまして、コメントありがとうございました。
    クリナップさんでもオールステンレスキッチンを販売されているのは数年前から知っていましたが、過敏症の方に向けた商品を販売されているとは知りませんでした。
    良いことを教えて頂いてありがとうございます。
    今度見に行ってみます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です