木割(きわり)とデザイン

今回の記事はちょっと専門家向けなので、一般の方にはちょっと難しいかもしれません(すみません)。

木割(きわり)という言葉があります。

元々は、お寺などを建てる際に、タルキの断面寸法から、全ての部材寸法・割付寸法、柱間、高さなどを一定の割合に基づいて決めていくセオリーのことを言います。
(↑と、僕は理解しています)



建築のデザイン(特に木造では)を決定する際には、この木割という考え方がとても重要なのですが、これを他人に伝えるのは非常~~にムズカシイ・・・。

例えば住宅建築においては、民家風にする場合には木柄(きがら:各部材の断面寸法)を大きくして面取の巾を小さくします。
そうすると、カチッ!ガシッ!とした感じで重量感・安定感が出ます。

逆に、瀟洒な雰囲気が求められる数奇屋などでは木柄を少し小さくして、面の巾も少し大きくします。
すると、線がやさしい感じになり、華やかさ・柔らかさが出てきます。



そこまでは単純です。
しかしその一歩先の、しっかりした安定感を出しながら瀟洒な雰囲気を出す領域になると、そんな簡単な訳にはいきません。

さらには、材料の選択(杉にするか?桧にするか?松にするか?)、杢の選択(節の有無、柾目、追い柾、板目、中板目、等々・・・)によっても空間の質は変わってしまいます。



これを理解するためには、実物を見たり、実際に自分で実測したりすることで、何度も場数を踏んで自分自身の感覚を養っていくしかないのですが、そこには個人的な好みのばらつきを超越する、はっきりと収束するエリア(1点ではありません。エリアです)が必ずあります。

それって単なる好みの問題じゃないの?と言われそうですが、そうではありません。
なぜそう言い切れるのか?というと、多くの人がそこに美を感じ、共通して高く評価するものがあるからです。

だからそこにはきちんと裏打ちされたセオリーがあるのです。
実は木造建築のデザインというものは、この木割というセオリーに深く深く依存しています。



写真で観ると美しい建築だったのに、実際に現場に行ってみたらがっかりした、という経験をしたことはありませんか?
こういうケースでは木割がきちんとできていません。
(↑これは木造に限りません。RC造やS造でも同じです)

逆に、見た目には特に何の変哲も無い感じなのに、なんだか空間にスゴイ緊張感があって、とても雰囲気がいいという場合、木割にとても細やかな心配りがなされています。



でもそれを説明してくれ、と言われても説明できない。
(というか、説明してもきっと理解できないと思います)
なぜか?
わからない人にはデザインのセンスがないからだというわけでもありません。
それがわからない人には知識と経験が足りないからなのです。


木割を理解・習得するためには、一流の古典建築をひたすらたくさん見て、自分の手で実測して少しずつ少しずつ、時間をかけて寸法感覚と理論、材料に対する感覚を養っていくより他に方法がありません。
書物で勉強すればできるようになる、教えてもらえればできるようになる、というようなシロモノではないのです。
理論と経験が相まって身についていく類の能力です。
単なる美的センスだけの問題でもありません。
(↑もちろん、美的センスは必要ですが)



それともう一つ。
設計作業の中でCADを使うことは、この木割のセンスを身につける際の最大の敵だと言ってもいいと思います。

確かにCADはとても優れた設計ツールです。
しかし、感覚を養うという面では、圧倒的に不利です。
だから僕は今でも、迷った時には必ず原寸図を手書きで起こして検討します。
こういう考え方は時代に合っていないのでしょうが、そうやっていくことでしか伝えられないものがあるという事実に、いつも迷い、考えさせられます。

でも、実は考える必要なんてあまりなくて、単純に手書きで全ての図面を起こしていけばいいだけの話なんでしょうけどね、きっと(笑)。
一度は手放したA0版製図台を、近々もう一度事務所に招きいれようかなぁと考える今日この頃です。



なんだか今回はえらそうなことを書いてしまいましたが、こういうことを言う人がなかなかいないので、誰かが言わないといけないんじゃないかと思い、文章にしてみました。

僕は木割を全て理解している、というつもりで書いているわけではありません。
ただ、こういう理論が建築デザインの根底にある、そしてそれは表立って学校で教えてくれたりはしないけれど、デザインにおいてはもっとも重要な要素のひとつなんだということをお伝えしたかったのです。





 


【当ブログサポートのお願い】
人気ブログランキングに登録しています。
今回の記事が面白かったと感じてくださったら、こちらをクリックしてください
クリックするだけであなたの一票が僕のブログを応援してくれて、
ブログランキングでの順位が上がります。
するとより多くの方がこのブログの情報を目にする機会が増えて、
より多くの方に、より有益な情報をご提供できるというわけです。


当方のサイトはこちら(↓)

あなたはどちらが好きですか?
30年後に「そろそろ建て替えようか・・・」と言われる家、と
「200年前のおじいちゃんが建てたの」と2206年に言ってもらえる家
 

2 thoughts on “木割(きわり)とデザイン

  1. 応援団の K

    先日来のお悩みはこれだったんですかぁ?
    感覚に由来するだけに「難しい」ですね。
    一生かけて追求していたら、ひょっとしたら「黄金分割」みたいな大発見になるかも?
    サトウ分割比・・・とかが、歴史に残る!
    ところで年賀状の宛名書きですが、さっそく佐藤さんの年賀状で実験してみました。
    本日(27日)の朝に投函しました。
    無事に届いたら、ブログで読者の方にも紹介して下さい。
    良いお年をお迎え下さい。

    返信
  2. さとう

    Kさん、コメントありがとうございます。
    >先日来のお悩みはこれだったんですかぁ?
    いえいえ、これではないんですが(笑)。
    木割はすでにある程度体系化されているものもあるので、残念ながら世紀の大発見にはなりません。
    年賀状、楽しみにしていますよ。
    ブログの読者にも紹介するとはどんなモノなのか・・・。
    ワクワクしますね。
    今年は1年間、大変お世話になりました。
    また来年、西条祭りでお会いしましょう。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です