個人の電気を選ぶ時代が始まりました

僕は坂本龍一氏(以下、教授)の音楽が大好きなのですが、教授のブログでおもしろい活動が紹介されていたので、ご紹介します。

一般に、電力は関西電力・東京電力などの電気供給会社から電線を通じて何の気なしに買って(というか買わされて)いますが、自分で選択してエコロジーな電気を買うことができるという話です。



エコロジーな電気、とは

  風力発電によって得られた電気
  バイオマスの燃焼によって得られた電気
  太陽光発電によって得られた電気
  潮力発電によって得られた電気

などのことです。

しかし、これらの電力は今はまだ関西電力などで供給される電気よりも高いのが現実です。
しかしこれをみんなが買うように(みんなが選択するように)なってくると、技術革新が進んで安くなってくるんですよ、ということです。

液晶テレビでも、携帯電話でも、パソコンでも、発売された当初はとても手が出ないような高価なものだったのに、数年経った今となっては、どれも大変身近な存在になってきていますよね?

それと同じ理屈です。



ただ僕が感心したのは、経済的な負担を伴ってでもこういうものを求めていこう、とするその価値観に対して、です。

詳しくは、CO2free.jp Project のページをご覧下さい。

1 thought on “個人の電気を選ぶ時代が始まりました

  1. 森の案内人

    はじめまして。人気ブログランキングに同じ分野で参加しているものです。
    国産材・林業等に興味があるもので、こちらにお邪魔させていただきました。
    確かにそうですね~、価格ではなく、別の理由でエコロジーなエネルギーを選択していく・・・素敵な発想ですよね。それに、そういう人が増えてくると、価格の方も変わってくるようになるのでしょうね。
    私も、今はまだ電力会社の電気のみですが、将来的には、これを一部でもいいから変えたいなあ・・・と考えています。
    またお邪魔させてくださいね♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です