風力発電機一機で、いったいどのくらいの電力がまかなえるのか?

『風力発電で、いったいどのくらいの電力がまかなえるのか?』

あなたはご存知ですか?

以前にも紹介したことのある、京都府の丹後半島にある太鼓山(たいこやま)風力発電所の写真です。
上の写真をクリックして拡大写真を表示してもらうとわかりますが、風車の足元に人間が写っています。
この風車の柱の高さは30m、羽根一本あたりの長さは25mだそうです。

この風車が回ると、

「ブルン ブルン ぶるん ぶるん ブルン ブルン・・・」

という音がします。

さて、あなたはコレ一機でいったいどのくらいの電力がまかなえると思いますか?
ちょっと雲をつかむような話になってもイヤなので、普通の家庭何世帯分がまかなえるか?という基準で考えてみてください。

(↓下に正解を書いてあります。)

いらっしゃいませ!

ここまでスクロールしてくれたってことは、あなたもやっぱり、正解知りたいですよね?(笑)

じゃあお教えします。
(って、別にそんな勿体つけるようなデータでもありませんが・・・)

コレ一機で、約400世帯分の電気がまかなえるそうです。

つまり、もし大地震が起きて、山奥にある400世帯の集落が孤立してしまったとしても(←なにもそんなに苦しい状況作らなくても・・・って?)、

条件その1) 集落の中にこの風車が1機あって
条件その2) 集落内の全戸がオール電化住宅で (←チョットありえない)
条件その3) 村民が風車の音を気にしない♪

という条件が整えば、電気面に関しては何年でも何不自由なく生活が営める、という実力です。

風力発電の実力、結構すごいと思いませんか?

人気ブログランキングに登録しています。
少しでもあなたのお役に立てたら、こちらをクリックしてみてください
(クリックするだけであなたの一票が僕のブログを応援してくれて、
より多くの方がこのブログの情報を目にする機会が増えます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です