【木の家-7】 あなたは民家バンクをご存知ですか?

今朝(2/9)の日経新聞に、

 

『 壊してもいい木造2階建て住宅譲ってください 』

 

という記事が載っていました。

広告主は防災科学技術研究所(茨城県つくば市)。

兵庫県三木市に造った世界最大級の振動台に移築して、耐震性を調べる実験材料に使いたいそうです。

 

この記事を読んですぐに僕の頭には、NPO法人・日本民家再生リサイクル協会(以下JMRA)で情報管理している民家バンク登録物件のことが頭に浮かびました。

しかし、探している建物の条件には、

「築25~50年以内であること」

という条件がついており、民家バンクは使えないのです。

なぜなら、民家バンクに登録されている物件は、築後70年以上経過したものがほとんどだからです。

 

 

 

もしチャンスがあれば、民家のような伝統工法で組まれた木組みの家の耐震試験とその解析を上記の施設でやってみてもらいたいと思いますが、それはまた別の機会に考えたいと思います。

 

 

 

話をJMRAの民家バンクに戻します。

 

JMRAでは一軒でも多くの民家を、壊さずに使いつづけてもらいたい、という思いから、民家バンクというシステムを運営しています。

様々な事情により民家を手放したい、という方がいる一方で、

民家を持っていないが、ぜひ欲しい、住んでみたい、という方もおられます。

こういう方々の橋渡しをし、建物は無償で提供しよう(※)というのが民家バンクの趣旨です。

興味のある方は、NPO法人・日本民家再生リサイクル協会事務局(03-5216-3541)までお問い合わせください。

 

現在、100軒程度の再生可能な民家が登録されており、引き取り手を待っています。

 

 

木造建築家のホームページはこちら

↓   ↓   ↓   ↓      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です