尼崎・手刻み×面格子×漆喰 和風の家完成見学会/伝統工法、木造建築東風

amagasaki_h

2011年の秋に墨付け工事に着手した尼崎市のH様邸がようやく完成しました。

丁寧な木造手仕事の魅力を皆様に体感して頂きたいと思い、クライアントのH様に完成見学会の開催を打診したところ、「どうぞ、どうぞ」と快諾のお返事。

大黒柱は8寸角/樹齢130年の桧で、構造材は樹齢100年超の大径木を2008年晩秋の新月期に伐採した天然乾燥材です。
30代前半の若い棟梁が4ヶ月かけて刻み、構造材の緊結には金物を一切用いずに、長ホゾと栓を使って組み上げています。
緩やかな弧を描くムクリ屋根と木製の面格子の外観に、付近を散歩される皆様も現場の様子をしげしげと眺めていかれます。

一度にたくさんのご来場者がおいで頂いて混乱することがないように、時間帯ごとにご予約を承って対応させて頂きます。お申込の際には、見学ご希望時間帯をお申し出下さい。(お子様をお連れ頂いても大丈夫です)

※完成見学会は終了しました。
 ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

cochibanner_n450

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です