尼崎市・外壁漆喰と木製面格子、杉板張りの和風住宅/数寄屋、伝統工法の木造建築東風

久しぶりの更新です。
楽しみにしてくださっているみなさま、大変申訳ありません。
  
尼崎市で工事中のH様のお宅では、外部足場も外れ、通りに面した2階の開口部に木製面格子が取り付けられました。

外観の雰囲気がぐっと良くなり、現場の前を歩いていかれるみなさまの中には、立ち止まって眺めていかれる方もちらほら。

amagasaki_outside0627_1

2階の外壁は漆喰のコテ押えですでに仕上がっていますが、1階の外壁は杉板張りでまだ仕上の途中です。
出来上がったらまたご報告しますのでどうぞお楽しみに。

amagasaki_outside0627_2

裏側はすでに杉板が張れています。

外壁に張る杉板は、東風ではいつも奈良県吉野の吉野中央木材さんに発注しています。

吉野杉の赤身だけで採った板を、自社の乾燥庫で低温人工乾燥させてつくってくれるので、色や質感もあまり損なわれずに含水率を下げることができて、いい状態で材料を張れるので大変助かっています。

cochibanner_n450

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です