玄関式台-杉のナグリ加工

先週末の土曜日、京都市右京区に行って、尼崎市・H様邸の玄関式台をなぐってもらってきました。

いつもお世話になっている京都市上京区の中儀銘木さんを通じて、これまでにも何度かお願いしているナグリ職人・原田さんがなぐってくれました。

材料はいつもどおり杉です。
厚みは50mm。

今回はクライアントのH様もご家族全員4人で京北町にある原田さんの加工場まで足を運んで下さいました。

naguri2

いよいよチョウナによるナグリ作業開始。

端で観ていると、原田さんは何気なくサクサクとなぐっているように見えますが、刃物の切れや力加減、刃の当て方や一目ごとの仕上がり巾など、本当に絶妙な技です。

まずは一番大きい平面をなぐっていきます。
ずっと同じ方向からなぐり続けるのではありません。

なぐることで目を起こしてしまわないように、 木の目を見ながら途中で何度も体の向きを変えてなぐります。

naguri

平の部分をなぐり終えたら、次は側面です。
後ろで板を支えて下さっているのは、原田さんのお父さんです。

naguri6

側面もなぐり終えたら、最後に角の面取りです。
面取りもチョウナで一目ずつとっていきます。

naguri5

そしてついに完成です。
おとなしくて、なぐる前にはあまり個性的ではなかった板が、ナグリ加工によって
こんなに魅力的な表情に仕上がりました。

鈍い光沢がありますが、表面はハツっただけです。
サンドペーパーもあてていないし、まして何も塗布していません。

naguri3

仕上がった後、クライアントのH様ご家族には、靴を脱いで足で
踏んだ時の感触を味わってもらいました。

うちの事務所にもナグリ式台のサンプルを置いていますが、
ナグリの板を踏んだ時の感触はとっても気持ちがいいんです。

H様の息子さんは、その感触があまりに気持ちよかったのでしょうか(?)
ついにべたっとうつぶせに寝転んでしまいました(笑)。

ジャストサイズ!って感じです。

naguri4

今回は写真でしか撮っていませんが、過去に原田さんにお願いした折、
動画で撮影したものがあります。
東風のyoutubeページで公開していますので、もしよろしければ
こちらのページで動画も見てください。

 あなたはどちらが好きですか?
 30年後に「そろそろ建て替えようか・・・」と言われる家と
「200年前のおじいちゃんが建てたの」と2212年に言ってもらえる家 

2 thoughts on “玄関式台-杉のナグリ加工

  1. 南会津の原です

    美しいというより、うっとりするような温かみ。息子さんが寝転がりたくなる気持ち、わかるなあ~。

    返信
  2. さとう

    原さん、コメントありがとうございます。
    なるほど、「うっとりするような温かみ」とは何とも味のある表現ですね。
    脱帽です!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です