納豆の意外な実力

土曜日(5/28)に、お好み焼きを食べに行きました。

阪急電鉄・伊丹駅近くにあるよく行くお店ですが、仕事でヘトヘトに疲れきっていたためか、

 

「たまには変わったものを食べてみよう」

 

と思い、一番ユニークなものを選んで発注しました。

それは、ナント!

 

【 納豆ねぎ焼き 】

 

 

 

え~っ!!!

マジで?

おまえ、頭おかしいんちゃうか?

 

って誰かに言われてしまいそう(?)ですね。

僕も半ばシャレで頼んだ(←いつもこんなことをしているわけではありません)ので、多少美味しくなくてもいいや、と割り切っていました。

 

<関西以外の方へ:ご説明します> 

ちなみにねぎ焼きとは、お好み焼きと同じ姿形をしています。

違いは、生地に青ねぎがたっぷり練りこまれて入っていることと、

ソースではなく、しょうゆベースの味付けをして食べることです。

でも、きっと生地の構成がお好み焼きとは少し違うんだろうと思います。

僕は詳しいことは知りませんが。

 

 

 

さて。

その 納豆ねぎ焼き 】が来ました。

食べてみると・・・。

 

 

 

これが意外にいけるんです。

びっくりでした。

もちろん、全部平らげたことは言うまでもありません。

きっと、お好み焼きのように、ソースではなくしょうゆを使い、

しかもねぎが入っている、とういねぎ焼きだからこそいけるのでしょう。

 

そういえば、とその時思い出しましたが、納豆とカレーは合います。

某カレーチェーン店で納豆カレーというメニューがありますが、僕はたまにこれを食べます。

納豆が好きな人にはおすすめします。

納豆がキライな人は・・・やめておいて下さい。←当たり前ですね(笑)

 

納豆恐るべし、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です