京都市・杉赤身の階段/数寄屋、和風、伝統工法、木造建築 東風

6月に上棟した京都市U様邸新築工事現場では、内装工事が急ピッチで進んでいます。

今回の現場では、大工の鮫島さんから
「構造材の刻みを行った後、上棟までに全ての内装部材の加工もあらかじめ済ませてしまう」
と提案があり、いつもと違うやり方でやってみたのですが、これが功を奏して現場の進み具合が通常よりもかなり早いです。

今後はこのやり方で行こうかと思うのですが、その反面、現場内には材料が山積みです(苦笑)。

↓ 2階の床板を張る、鮫島稔さん。
  今回の床板はいつも通り、杉板厚み35mmの本実加工した無垢フローリングです。

kyoto_stairs1

階段の段板は、巾240mm× 厚み40mmの杉1枚板です。
赤身の張った、きれいな板です。

↓ 若手大工の井野さん。
  このときは書斎入口の建具枠と壁下地を起こすところでした。

kyoto_stairs5

↓ 下の画像はリビングに面したL型の階段設置中の写真です。
  材料は全て杉を使っています。

  杉の中でも赤身が張った大径木から採った材料を使っており、
  杉独特の穏やかでかつメリハリのある木目が美しく見えるように
  と配慮したデザインにしています。

kyoto_stairs4

kyoto_stairs3

この階段は、U様邸の中でも象徴的な存在になりそうです。
少し先になりますが、また完成したら画像をお届けします。
どうぞお楽しみに。

↓ 階段部材の刻み・加工から設置までは、全て大工の鮫島透さん
  が手がけてくれました。

  下の画像は、階段の側桁を設置しようとしているところです。

kyoto_stairs2

今日は尼崎で見学会の最終日です。

午後からは、にわか雨の予報。
昨日も昼過ぎにざっと強く降ってくれたおかげで、大変過ごしやすくなりました。
毎日夕方に降ってくれるといいんですけどね(笑)。

cochibanner_n450

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です