こんなところにもQRコード

QRコード


 


 


 


 


 


 


 



昨日はNPO法人・日本民家再生リサイクル協会(以下JMRA)のボランティア活動で奈良県宇陀市に行ってきました。
11/1、2の両日宇陀市で行う民家フォーラムの準備会議・下見のためです。

昨日の打ち合わせには、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した映画・もがりの森に主演されたうだしげきさんも来て下さいました。

奈良県でフォーラムを開催するにあたり、地元・奈良を舞台として撮影されたもがりの森に出演され、ご自身も奈良町(ならまち)にある町家で古書喫茶を営業されるなど民家との関係も深いことから、うださんにはフォーラム当日、シンポジウムの中で基調講演をお願いしています。

午前中、まちづくりセンターで市の担当者、地元のまちおこし会の会長さん、上述のうださんにフォーラム実行委員も含めて準備会議を行い、昼食をとった後に少し松山地区という古い町並みが残る通りを歩きました。



松山地区内には古い町家がたくさん残っているのですが、その中の数件には冒頭の写真のような手の平大の小さなパネルが張られてあり、その中にQRコードがありました。

市の担当者・森本さんによると、まちなみ散策をされた方がこのQRコードを自分の携帯で読み取ると、市が運営する携帯サイトにアクセスできて、まちなみや家の情報を携帯で確認することができるんだそうです。

っていうか、自称・携帯音痴の僕はQRコードの存在は知っていましたが、読み取り方すら知らず、隣にいた20代の友人に
「これ、どうやって使うん?
 おしえて、おしえて!」
と教えてもらい、早速試してみました。
(↑かなりおっさん入ってる・・・)

実際にやってみてビックリ!
QRコードってかなり便利ですね。
そしてこんなところに、こんな目的で使われていることにも驚きました。
宇陀市、なかなかやるやん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です