カテゴリー別アーカイブ: 神戸市S様邸

増床工事竣工しました/高台にある吹抜けの家・神戸市S様邸

夏休み真っ最中の8月上旬に着工した、神戸市のS様邸2階吹抜けの半分に床を架ける&階段設置工事が9月下旬に無事竣工しました。

10月初旬には引渡しも完了し、3人のお子様たちの念願の(?)子供部屋として使われています。

koberenovation2013_1

 

koberenovation2013_2

上の写真に写っているのは子供部屋4.5帖×3室=13.5帖が直列に配置されている空間。
今はワンルーム状態ですが、間仕切の役目をする組み立て式の家具(棚)を配置されれば3室に分かれます。

どの部屋を誰が使うのかは、2男1女で繰り広げられる熾烈なジャンケン争いの結果で決まると仰ったのはお父様(笑)。
いつも楽しげなS様ご家族です。

koberenovation2013_3

 

koberenovation2013_4

 

koberenovation2013_5

 

koberenovation2013_6

koberenovation2013_7

2008年の新築工事の際から、

「長男が中学校に入学する2013年に子供室を増床する」
という計画で予定通りつくられた今回の工事は、ご夫婦のお考えに沿って夏休み期間中に行われたことで、子共たちの脳裏にしっかりした思い出として刻み込まれた様子です。

 

木造建築 東風(こち)のサイトはこちら

あなたはどちらが好きですか?
30年後に「そろそろ建て替えようか・・・」と言われる家と
「200年前のおじいちゃんが建てたの」と2213年に言ってもらえる家

高台の家・神戸市S様邸―2階床がだいぶ張れました

2階に子供室3部屋を増床中の神戸市S様邸。
8/24(土)に現場監督さん・大工さんとの打ち合わせを兼ねて、現場の様子を観に行ってきました。

kobe_s_before0824

↑ 竣工時はこんな感じだったのが、現在は同じ場所から見ると・・・

kobe_s_after0824

↑ こんな感じになっています。

2階に上るとこんな感じ ↓

kobe_s_0824_2f

もともと吹抜けだった部分に架けた床が9割方張り上がり、だいぶ生活空間っぽい感じになってきました。

工事は予定よりも工程がずれ込みぎみで、建築主のS様ご家族にはご迷惑をおかけして申訳ない限りなのですが、仕事は丁寧にしてくださっています。

 

このお宅の概要は以下のページでご紹介しています。
→ 高台にある大きな吹抜けの家/兵庫県神戸市

 

 

 

神戸市S様邸増床工事 中間検査に合格しました

神戸市内で2008年に竣工したS様邸。
お子様達の成長に伴い、個室が必要になってきたため、竣工当初より計画に組み込まれていた、大きな吹抜けへの増床工事が始まっています。

下の画像は竣工当時のものですが、体育館のような大きな吹抜け空間の半分に、梁を何本か新設し、フローリングを張っていく工事です。

kobe_void0819

(※画像をクリックすると、見やすくなります)

 

昨日は指定検査機関の中間検査を受けました。
kobe_beam0819

↑ 太い梁は竣工当時からあったもの。
それに架けてある細めの梁を今回新設しました。

kobe_flooring0819

今週から大工さんが張っていく予定の、杉のフローリング。
国産の無垢材で厚みは35mm。
奈良県吉野産の杉で、人工乾燥がかけられた木材です。
フローリングだけは、いつも人工乾燥材を使っています。

「子供たちの通学期間に工事をするとやはり落ち着かないので、夏休みの間に工事をしたい」

というS様ご夫妻のお考えもあって、今月中には増床工事が完成する予定です。
また進捗状況をご報告しますので、どうぞお楽しみに。